象の背〜天狗倉山

行ってきました!ずっとずっと行きたくて機会がなかった象の背。
ものすごく写真がたくさんありどれも選べないくらいいいので、動画にまとめました。
こちらのYouTubeで見てね↓

https://youtu.be/LKjTM8hzT-U

わたしが登るのつらくてヒィ!って言ってるのとか半泣きでハシゴおりてるのとかも入れました(笑)

今まで御在所岳とか金勝アルプスとか行ったけど今回が一番つらかったかも。
敗因は暑さと階段です。
わたしは冬山でも半袖じゃないと体力奪われて無理になるほど暑さに弱いし、とにかく階段が苦手だった。たくさん休憩入れて同行者にはご迷惑おかけしました。

ルートは登山口から便石山、そこから天狗倉山、ちょっと戻って馬越峠から下山、です。
朝8時18分に歩き始めて、到着は16時。
休憩もたくさんしましたが丸1日がかりのイベント。
あまりのキツさにレッスンの方がどんだけ楽かと思ったときもあったな…笑

でもやはり絶景。これは苦労した甲斐があるというものです。
しかしとにかく高くて怖い。この先は崖です。ビルの屋上と同じ、垂直の崖です。バウンドする場所もありません。

わたしは高所恐怖症なので先端まで行けず少し手前までが精一杯。
先端でジャンプしてる写真をよくSNSで見るけど、まじでやめてほしいと思った。1歩ずれたらまっさかさまでアウトです。

たまたまお会いしたベテラン登山者の方がたくさん写真を撮ってくれました。ありがとうございます!
またYAMAP(登山サイト)で出会えますように!

小象の背でお昼を済ませて、次の目的地、天狗倉山へ。まだ半分もきてないのでメンタルにもかなりくるし、ぐぐっと下ったあとはハードな登り坂でまたも心折れそう。


しかしやはりこちらも絶景でした。

象の背に負けないくらいのポイントです。
むしろこっちをおすすめしたくなるほど素晴らしかった。

象の背もそうだけど、よくあるように「高いところにいるように見せる撮影テクニック」とかではなく、ここも本当に1歩ずれて落ちたらアウトです。

この写真のわたしは「カメラに入るように座ってる」というより「怖くて立てない」状態です。

帰りは分岐点まで戻り、馬越峠を下りて下山。

もうすでに筋肉痛がはじまっていて、明日からのレッスンは正直不安。
しかし本当に素晴らしかった!
同行のみなさん、山で出会ったみなさん、本当にありがとう!


 

 

お問合せ・無料体験予約はこちらから

安心して楽しめるよう丁寧に指導します!